残り物のかぼちゃでたまにはお菓子でも作ろうか?

頂きもののかぼちゃが、在宅にごろごろ。
わりと日持ちがするといっても、限度があるだ?と、サラダにしたり、煮物にしたり、コロッケにしたり。
今のとこ、ウィークに3回、かぼちゃごちそうが食膳に露呈。
お仲良しにもおすそ目論見してみたけど、いまだに1玉残ってる。
おいしくて栄養素たっぷりのかぼちゃだけど、さほど食べると、さすがにあきるよね。
たまには違う処方箋も拡大してみますかと、手持ちの料理本とネットで調査。
かぼちゃの処方箋ってこれ程あるんだね〜

作りたい処方箋がたくさんありすぎて、迷うポイント長時間(笑)
決まった処方箋はかぼちゃのプリン。
おんなじかぼちゃのプリンでも、焼いたり、蒸したり、テーマもなんだかんだ。

今回のテーマはかぼちゃと母乳と卵、砂糖、生クリーム、シナモン、ラム酒、バニラエッセンス。
生クリームは我が家にないから、母乳をその分増やそう。
ラム酒もないから、ブランデーで代用。
バニラエッセンスはなくても相応しいや。

かぼちゃを範囲てチンして、裏ごしして。
温めた母乳に砂糖を溶かしたものを、卵液にちょっぴりずつ入れる。
(母乳の温度が高いと、卵が固まっちゃうから、ひと肌度合いに覚ますことが大事!)
これに、裏ごししたかぼちゃを加えて、よく取り混ぜる。
ブランデーとシナモンパウダーを加えて、後はシステムに入れて焼くだけ。

適当に作っちゃったけど、オーブンからは好ましい香が漂ってきてる。
美味くできるといいな。脱毛ラボ 都度払いシステム