横浜文体大日本プロレス観戦

今日は関内にある、横浜文化体育館に大日本プロレスの試合を見に行ってきた。
気になる試合は、岡林裕二選手と石川修司選手のストロング選。ビッシビッシと2人のぶつかり合う音が響き、汗が霧の様に見える。大きな身体の岡林裕二選手も天を舞う。観客達の声援も大きくなっていた。自然と見ている方も力が入る。
一番感動したのは、伊東竜二と高橋匡哉とのデスマッチ選。蛍光灯、剣山、パイプ椅子などを使う試合。ゴングが鳴ってからすぐに蛍光灯が割られていく。
早い段階で高橋選手の出血。
ガラスの板の上にダイブする試合に対する意気込みは素晴らしく涙が出てきた。
こんな素晴らしい試合が見れたことは光栄である。
これはプロレス好きにしかわからないだろうなぁ。
そんな選手達も試合終了後はロビーにでてきてくれて、サインをしてくれたり、握手をしてくれたり、写真を撮ってくれたり、ファン思いの良い団体である。
楽しい、感動できた一日であった。
選手達が熊本への義援金集もされていた。
私も今日の感動分を熊本の為に募金させてもらった。銀座カラー全身脱毛