嫌なことも楽しみがあれば乗り越えられるもの

今日は三ヶ月に一度の通院日でした。病院へ行くのは苦手なのですが一年ほど前から楽しみが出来たので前ほど嫌ではなくなりました。その楽しみとは、去年の春に採
血室に男の新人さんが一人入ったことです。目標をもってがんばろうという気持ちが分かるぐらい会話もハキハキしていました。配属になってまだ日が浅いのが丸わかりでかなり緊張していました。マニュアルとおりに確認や声かけを一生懸命していて好感を持ちました。それから三ヶ月のサイクルで通院する度に採血室では彼にいつもあたります。会うたびに少しずつ職場に慣れてきている感じが見てとれました。今日は一年過ぎた頃でまた彼にあたりました。感慨深く見ていると人間は生長するんだなあと感心しました。針を刺す時も抜く時も痛みがほとんどなくとても上達していました。会話も柔らかい話し方の中にも自信があり安心して任せることができました。日々成長している姿を見て我が子のように嬉しくなりました。http://nyota.co/musee-vio/