また一つの時期がおわりを教える室伏広治休養

リオデジャネイロ五輪のチョイス会を兼ねた陸上の国中選手権が始まりました。今ビッグイベントのフィーチャーは100mの桐生VS山県の勝負だと思うのですが、個人的に注目していたのがハンマー投げの室伏スポーツマンの再建だ。すでに陸上の世界では、一線で活躍している唯一の同年代スポーツマンといっても過言ではない室伏スポーツマンですが、国中選手権20連覇の偉業構成後は暫し競技を中断していました。それが以前2層ぶりに国中選手権への出演が文字として届きました。「もしかして、また勝っちゃうの?」ってニュースを聞いた時折ウキウキしましたが、残念ながら結果は決勝へ進めませんでした。競技先、第一線からの引退表明という、さすがに鉄人室伏もこういう少ない手配間では難しかったかという感じです。
おそらく、室伏スポーツマンなら惜しくも手配間があればそれなりの結果は出せたはずです。そういった契約で終わった、寧ろ終わらせたは、後進に廊下を譲り渡したかったのではないのかなぁというのです。本音これからうだうだ競技以外に忙しすぎて競技本人に関する思いの丈が薄れたのかもしれません。いずれにしろ、ひとつの時代の終焉を感じたタイミングでした。けれども鉄人室伏スポーツマンのポイントなので、また違う品種で活躍してくれることでしょう。お疲れ様でした。http://www.craftsnob.co/